POSレジを使うメリットはこんなにたくさんあります

POSレジの「POS」とはPoint Of Salesの略語で、日本語では「販売時点情報管理」と言う意味を持ちます。レジとはレジスターの事を意味しており、これらを合わせると販売時点情報管理が出来るレジシステムと言う意味になります。通常、レジと言うのはお店で買い物をした時に、店員さんが商品に付いている値段を見て金額を入力し、レシートに金額などを印字すると同時に、お店の売り上げ記録を行うと言ったシステムになりますが、販売時点情報管理と言うのは、売上をリアルタイムに把握する事が出来る、在庫管理を同時に行えると言ったメリットがあり、コンピューターとの連携を行う事で、店舗経営などを円滑に行う事が出来ると言った魅力を持ちます。最近は、飲食店や病院などでも利用されています。

病院で利用する事でのメリットとは

レジ打ちを手入力で行っている個人経営の病院が多くありますが、手入力でレジ打ちを行った場合、レセコンと2度打ちになるため、レセコンと手打ちを行ったレジ金額が一致しないケースが出て来るなど、診療時間が終わった後の残業が多くなる事も少なくありません。しかし、レセコンと完全な連動が可能なPOSレジを導入した場合、レセコンデータをリアルタイムに受信する事が出来るようになるので、閉院後の残業を減らす事が出来ると言うメリットにも繋がります。尚、POSシステムではレセコンのデータだけを処理し、POSシステム単独での修正や削除を行えないようにしておけば、レセコンと不一致にならないなど、入力ミスを防止する事や情報の再確認を行うと言う手間や工数を削減する事が出来るため、大きな病院だけではなく、小さな病院でも導入を検討している経営者が増えています。

売り上と在庫をリアルタイムで確認が出来る

スーパーなどのお店ではスキャナーを使う事で商品情報をデータベース内で検索をし、値段をレシートに印字する事が容易に行えるようになります。バーコードには商品1つずつに割り当てられた商品番号が記載されており、この情報をPOSレジのハードウェア部分でもあるスキャナーで読み取りすると、商品情報データベース内で金額を検索して情報を集めると同時に、売り上げ記録用のデータベースに反映させる、在庫管理用のデータベースから必要数がマイナスされるので、売り上げと在庫管理を同時に行う事が出来るようになります。また、自動発注システムとの連携により、必要数を下回った段階で商品発注が行われるため、お店の中での工数を削減出来ると言うメリットがありますし、商品に付いているバーコードを読み取るだけなので、レジ入力のミスをなくす効果もあります。